妊娠中の喫煙は避けよう

妊娠中に避けるべきことはたくさんあります。その中でも飲酒や喫煙は赤ちゃんに悪い影響しか与えず、流産の危険や赤ちゃんの発育に大きなダメージを与えてしまいます。妊娠している期間は人生の中でたったの10ヶ月。この間は赤ちゃんのことを考えて、飲酒や喫煙は我慢しましょう。

妊娠中の喫煙はやめよう
妊娠中の喫煙はやめよう

赤ちゃんのことをしっかりと考えてあげて

妊娠中あれば、自分の体内に宿った子供に対して注意を払って出産まで生活する人が大半だとは思います。しかし今までずっと喫煙をしてきた女性にとって、いきなり禁煙するということはかなり厳しいことかもしれません。

何と言っても口が寂しくなりますからね。しかし、そうは言ってもやはり妊娠中の喫煙は絶対に避けるべきです。

まず、喫煙をするということは、体内の赤ちゃんだけでなく、母体である母親にとってもニコチン摂取料が増えるわけですから、そのような物質は体によいはずがありません。

喫煙するということは内臓器官に好ましくない物質を運んでいるということになるのですから、赤ちゃんによい影響を与えるはずはありません。

喫煙の悪い影響

また、喫煙は何と言っても流産の可能性を高めます。ですから妊娠中は我慢しましょう。子供が未熟で生まれたり、流産になった後で後悔しても手遅れですから、妊娠したら固く禁煙の決心をしたほうがよいでしょう。

とはいっても禁煙をした途端に、イライラして落ち着かなかったり、口寂しかったりすることはあると思います。ごく普通の現象です。

喫煙する代わりに、シュガーレスのガムを噛んで気を紛らわせたり(虫歯になって治療などをするのも妊娠中は出来る限り避けたいので、シュガーレスのほうがいいですね)、何か新しいことを始めて喫煙の習慣から自分を遠ざけることなどをしてみるとよいですね。

最初はうまくいかないかもしれませんが、少しずつでよいのです。前進している自分を実感できれば、きっと最終的には喫煙できてますよ。

妊娠中は肌も敏感になる時期です。喫煙をすることにより肌の状態も悪くなり、妊娠線ができる原因にもなりえます。妊娠中の体はとても大切。赤ちゃんのことも考え、喫煙はやめるよう努力しましょう。