妊娠線ができやすい場所はここ!

妊娠すると赤ちゃんが入っているお腹が大きくなるため、妊娠線はお腹にできるもの、と思ってしまいがちですが、妊娠線はお腹以外の場所にもできるのです。妊娠線は急激な体重増加でもできるため、体重が増えた時に皮膚がのびる場所は要注意です。

妊娠線のケア方法
妊娠線のケア方法

妊娠線ができる場所はお腹だけじゃない

 
妊娠中は体重増加もしやすく、全体的にふっくらしてきます。ふっくらしてくると、皮膚ものびるためこの時に妊娠線、肉割れが起きてしまうことがあります。

特に乾燥して肌が固くなっている方や、高齢出産、二人目以降の出産で年齢が高くなっている場合はコラーゲンも弱くなっているため注意が必要です。

お腹以外に注意が必要な場所は、背中、お尻、二の腕、太もも、ふくらはぎなどです。この辺りは皮下脂肪が多く、皮膚が伸びた時に肉割れを起こしやすくなっています。

背中やお尻、太ももなどは普段は目に触れる機会が少ない場所ですが、二の腕やふくらはぎなどはスカートをはいたり、ノンスリーブを来たりすると出てしまう場所なので妊娠線ができないように注意していきたいですね。

お腹以外の妊娠線を予防するには

ふくらはぎや二の腕、背中、お尻などにできる妊娠線を予防するには、お腹のケアと同じくしっかりと保湿することが大切です。お腹と同じ妊娠線専用クリームを使ってしっかりとケアしましょう。

妊娠中期になるとつわりもおさまるため食欲の出てくるママさんも多いでしょう。この頃から体重管理も大切になってきます。急激な体重増加は妊娠線を作る原因にもなりますので、適度な運動、カロリーのコントロールも始めたい時期です。

妊娠中期におすすめの運動はマタニティヨガやマタニティスイミングなどです。体を激しく動かすことなく、代謝を高めることができるため、無理のない範囲でウォーキングなどとあわせてやっていくとよいでしょう。

妊娠後期には目で直接確認できない場所や、自分ではクリームを塗りにくい場所もあります。そんな時は旦那様にもご協力してもらい、しっかりとケアしていきましょう。

妊娠線は一度できてしまうともとの状態に戻すのは非常に難しいと言われていますので、妊娠線ができる前にしっかりと予防することが大切です。