妊娠線を作らないために必要なこと

妊娠中期、5ヶ月頃になるとだんだんとお腹のふくらみが目立ってきます。お腹がだんだん大きなり、皮膚が引っ張られることでできてしまうのが妊娠線。妊娠線は一度できてしまうと元に戻すのは大変難しいと言われています。できる前にしっかりと予防することがとても大切です。

妊娠線のケア方法
妊娠線のケア方法

柔軟性のある健康な肌を保とう

妊娠線は皮下組織、コラーゲンの断裂によっておきます。皮下組織で網の目状になったコラーゲンは一度断裂してしまうと元に戻すことはとても難しいので、このコラーゲンが断裂しないように収縮できる肌、柔らかくて伸びに対応できる皮下組織を作ることが大切です。

妊娠線予防クリームは妊娠線を予防するために作られているので、高い保湿力と伸びがあり、この皮下組織のコラーゲンの結びつきを強力にするシらノール誘導体と言う成分が含まれているものがあります。

このシラノール誘導体は海外では妊娠線予防に有効であると検証結果が出ている成分で、肌の奥の奥まで浸透して、コラーゲンが断裂しにくくなるように結びつきを補強します。

肌の表面の保湿はもちろん、内側まで入り込んで肌に働きかけるため、妊娠線予防にはシラノール誘導体が配合された専用のクリームがおすすです。

適度な運動と体重管理も必要

肌の保湿やコラーゲンを強くすることも大切ですが、外側からのケアだけでなく、体重が増えやすい妊娠中に気をつけて適度な運動をしたり、野菜中心の食事で体重管理をすることもポイントです。

特に妊娠中期からは体重も増えやすくなるため、注意が必要になってきます。

妊婦さん専門のマタニティーヨガのレッスンを行っているところもあるので、そのような場所に通ってみたり、外出が難しい場合はDVDなどを観ながら運動してみるのもいいですね。

ウォーキングなども取り入れながら体に無理のない範囲で、適度な運動をするように心がけましょう。運動をすることで代謝もあがり、めぐりもよくなるので肌の生まれ変わりのターンオーバーも促されます。