妊娠線予防専用のクリームが妊娠線予防に適している理由

お腹が大きくなってくると妊娠のケアが気になり始める時です。妊娠線のケアには一般的な保湿クリームやボディークリームは使われるのでしょうか?どうして妊娠線専用のクリームでのケアがおすすめなのか、そのり理由を見ていきましょう。

妊娠線のケア方法
妊娠線のケア方法

一般的なクリームは表面を保湿するだけ

妊娠線は一度できてしまうと、元の状態に戻すのは難しいと言われていますね。妊娠線は予防がとても大切。妊娠線の予防には一般的なクリームよりも専用のクリームの方が肌の奥まで浸透し、効果が高いと言われています。

専用の妊娠線クリームは普通のボディークリームと比べてお値段も少し高めのものがありますが、それにはきちんとした理由があるのです。

妊娠している時の肌はホルモンバランスの影響で敏感になりがち。その敏感な肌に刺激が少ない成分で作られていたり、肉割れ、妊娠線の原因となるコラーゲンの結びつきを強くしたり肌の弾力を持たせるための美容成分が配合されているのです。

一般的な保湿クリームやボディクリームは主に肌の表面を乾燥から守り、保護する目的で作られたものがほとんどでです。通常の乾燥している肌には表面の保護で十分なのですが、妊娠線の場合は表面だけの保湿ではたりません。

妊娠線予防クリームは肌の奥まで浸透

妊娠線は肌の表面ではなく、もうひとつ下の肌の皮下組織の断裂でできてしまうものです。その断裂を防ぐためには、その皮下組織まで入り込んでケアできるクリームを使うことがポイントです。

「妊娠線のケアは保湿剤なら何でも大丈夫」と言う声も効きますが、肌の状態は人それぞれ。もしかしたら普通の保湿剤だけで妊娠線ができなかった方は元々妊娠線ができにくい体質だったのかもしれません。

一度できてしまうと元に戻らないと言われている妊娠線は、予防の段階でしっかりとケアするのが一番のおすすめ。できてしまってからでも薄くすることはできますが、全く消すことはできないと言われています。

妊娠している時期は一生にそう長くはありません。ですが妊娠線ができてしまうと一生のものになっていまいます。妊娠線はお腹に赤ちゃんがいた証でもありますが、できれば避けたいものです。

浸透力のある妊娠線予防専用クリームで、真皮まで成分が届くようしっかりとケアしていきましょう。