妊娠線ができてしまった時の対処方法

妊娠後期から急激に赤ちゃんが成長するため、おなかが急に大きくなり突然妊娠線ができてしまったというままも多いようです。特に妊娠9ヶ月頃のお腹は皮膚がパンパンにのびた状態、この時皮下組織が伸びに耐えきれずに亀裂を起こしてしまうことがあります。

妊娠線のケア方法
妊娠線のケア方法

妊娠中に妊娠線ができてしまったら

妊娠中に妊娠線ができてしまうと、とても残念な気持ちになってしまいますね。どうできてしまったら、、、と言って諦めずに引き続き妊娠線専用クリームでケアを続けましょう。

妊娠線予防クリームでケアを続けることで、これ以上妊娠線ができるのを防ぐごとができますし、できてしまった妊娠線も薄く目立たなくするように働きかる作用があります。

一度妊娠線ができてしまうと諦めの気持ちになってしまいますが、保湿を続けて健やかな肌を保つことで代謝も上がり、肌の生まれ変わりのサイクルを促すことができます。

皮下組織の断裂は、網の目状になったコラーゲンの断裂が原因になっています。皮下組織は約70%がコラーゲンでできていると言われ、このコラーゲンが強く収縮性に優れていれば断裂を防ぐことができます。

一度妊娠線ができてしまっても、このコラーゲンの結びつきを強くする妊娠線予防クリームを使ってケアをすることで断裂を起こしてし弱ってしまったコラーゲンの結びつきを強くすることができるのです。

妊娠線はできた頃は赤紫色をしていますが、だんだんと薄く白銀色になっていきます。できてしまってからしばらく時間が経ってケアをするよりも、時間を空けずに引き続きケアを続けた方が肌の戻りも格段によくなります。

産後に妊娠線に気がついてしまったら

妊娠後期になるとお腹が大きくなるため、手の届かない場所や見えない場所が出てきてしまいます。特に下腹部はお腹のふくらみで直接見ることが難しい場所。

ところがこの下腹部は妊娠線ができやすい場所なので、出産後に妊娠線ができてしまったことに気がつくというママもいます。

産後に妊娠線に気がついた場合、気がついた時からでも妊娠線予防クリームでケアをしましょう。妊娠は一度できるともとのように戻ることは非常に難しいと言われていますが、できてからすぐにケアした方が早く薄くすることができます。

時間が経ってからケアを始めるよりも、時間が経っていない方が戻りが早くなりますので、できてしまったからと言ってそのままにせず、保湿をし肌の代謝を高め生まれ変わりを促しましょう。