妊娠中は肌も乾燥しやすいので注意を

普段から乾燥肌の方は日ごろから肌のひび割れやかさかさなどに悩まされてきていると思います。特にひじやかかと、ひざといった関節部分が乾燥する時期にはひどくなりやすくなります。

特に妊娠していると肌も乾燥しやすくなり、一層の注意が必要となります。

皮膚がかさかさになり、ひび割れて粉が出たりすることもあります。
秋や冬の様に空気が乾燥してる季節は特に厳しくなりますね。

乾燥肌対策はいくつかありますが、代表的なものをご紹介しましょう。

加湿器を活用しよう

空気が乾燥してる季節は加湿器は必ず稼働させています。
加湿器だと喉にいいとか風邪予防になるとかいいますが、肌にもいいんですよ。

実際に肌の感じがかなり変わってきますからね。乾燥する肌を水分で潤してくれます。

卓上の乾燥器もお手頃な価格で多くありますので、机の上に一つ置いてみるのもいいですね。

入浴剤を使おう

入浴時には保湿成分が入っている入浴剤を入れ、体をしっかりと温めましょう。

見た目も香りも良いのですが、肌にも良い成分が含まれています。

体を温めると肌のターンオーバーも促されるため、新しい皮膚ができてきます。

新しい皮膚は古い皮膚よりも保水力に優れているため、肌も乾燥しにくくなります。

入浴後にはしっかり保湿を

入浴後、忘れていけないのは保湿です。

お風呂から出た後は皮脂が落ちているため、そのままにしておくと肌がどんどん乾燥していってしまいます。

手早く保湿クリームや妊娠線予防クリームを塗るようにしましょう。

入浴後は保湿成分も浸透しやすいため、しっかりとクリームを塗ることで肌の乾燥を防ぎ、妊娠線も予防することができますよ。