妊娠中にシミや肝斑、そばかすが増えてしまう原因とは?

妊娠中に肌に起こる現象の一つがシミやそばかすが増えてしまうことです。女性にとっては正直辛い変化ですよね。 実際、妊娠中には4割以上の妊婦さんが妊娠前よりもシミやそばかすが増えたというアンケートもあります。その反面、残りの半数以上の妊婦さんは、妊娠前と変わらない […]

妊娠中の喫煙は避けよう

妊娠中に避けるべきことはたくさんあります。その中でも飲酒や喫煙は赤ちゃんに悪い影響しか与えず、流産の危険や赤ちゃんの発育に大きなダメージを与えてしまいます。妊娠している期間は人生の中でたったの10ヶ月。この間は赤ちゃんのことを考えて、飲酒や喫煙は我慢しましょう […]

妊娠線を作らないために必要なこと

妊娠中期、5ヶ月頃になるとだんだんとお腹のふくらみが目立ってきます。お腹がだんだん大きなり、皮膚が引っ張られることでできてしまうのが妊娠線。妊娠線は一度できてしまうと元に戻すのは大変難しいと言われています。できる前にしっかりと予防することがとても大切です。

妊娠線ができやすい場所はここ!

妊娠すると赤ちゃんが入っているお腹が大きくなるため、妊娠線はお腹にできるもの、と思ってしまいがちですが、妊娠線はお腹以外の場所にもできるのです。妊娠線は急激な体重増加でもできるため、体重が増えた時に皮膚がのびる場所は要注意です。

妊娠線ができてしまった時の対処方法

妊娠後期から急激に赤ちゃんが成長するため、おなかが急に大きくなり突然妊娠線ができてしまったというままも多いようです。特に妊娠9ヶ月頃のお腹は皮膚がパンパンにのびた状態、この時皮下組織が伸びに耐えきれずに亀裂を起こしてしまうことがあります。